催眠マスターズクラブ東京

東京在住の催眠術師シロが、楽しい催眠の世界を紹介するブログです。

体験会はこちら
フォローお願いします!
twitter Instagram

怖い夢を見る人は強い

こんな記事がありました。

gigazine.net

私が気になったのはこの部分。

ここから研究者は「人は覚醒時によりよい反応を示すために、夢の中で恐ろしい状況をシミュレーションしている」と仮説を立てています。「夢は、将来の反応のための訓練であり、私たちが現実で危機に直面した時の準備をしてくれている可能性があります」と研究者は述べました。

要するに、現実でショックを受けすぎないように、怖いことを事前に夢の中で経験して慣らしている、といったことです。

 

よく怖い夢を見てしまうと悩んでいる人は、怖い夢によって自分は鍛えられているのだと考えれば、少しは前向きになれるかもしれません。 

 

これは催眠療法の恐怖症対策、あがり症対策のプロセスと非常に似ています。

 

催眠の世界に入ってもらい、そこで臨場感を持った場面でリハーサルのようなことをするのです。

いわば精度の高いイメージトレーニングです。

実際は遠いところから徐々に刺激を上げていき、最終的にはセッション直後に実際の場面での成功体験までやって完了します。

 

何かしらの恐怖症、あがり症などでお悩みの方はご相談ください。


◆催眠術師シロのホームページ

https://smctokyo.amebaownd.com/

◆体験会チケット購入サイト

https://peatix.com/group/6947812 

ツイッター

https://twitter.com/tvrAH1CQPOZSIoG

Instagram

https://www.instagram.com/saiminshiro/?hl=ja

問題ないと思えば問題ない

今日はゲームのアイディアのために、レーダー技術について軽くウェブ検索していたらとても興味深い記事を見つけました。

 

blog.goo.ne.jp

アメリカの警察関係者が何千件もの銃撃戦ケースを調査したところ、
撃たれた部位が致命傷には程遠いのにもかかわらず、
一発で行動停止に至るケースが50%にものぼることがわかった。

 

それは撃たれた側の人間が銃という武器を過大評価しているため、
銃で撃たれると問答無用で致命的であるとか、即座に行動不能に陥るものだと、
誤解していることから起こるのだという。

 

「俺は撃たれた!もうだめだ!バタン!!」
とすぐに倒れてしまうのだ。

そして極めつけには、そのまま死に至ってしまうケースもあるという。
撃たれた部位が致命傷には程遠いのにもかかわらず!
映画のイメージで銃で撃たれると即死するものと思い込んでいると、
本当にそうなってしまうということだ。
人間は精神的な作用によって実際に死ぬということである。

なるほど。

確かに、私も銃で撃たれて傷ついたら、それが致命傷じゃなくても致命傷だと思いこんでしまいそうです。

 

人の思い込みには絶大な力があります。

 

この記事後半には、銃への先入観や恐れがなければ、このようなことにはならないともあります。

 

わかる。

 

ハンターが熊を銃で撃っても、熊は即座には全然ダメージを負っている様子がない、というシーン、どこかで見たような記憶があって、

「なんて熊は強いんだ。やっぱり人間とは違うな。」

と思っていましたが、熊は銃の概念がないのと、アドレナリンが出ているのとで、撃たれてすぐは全然平気に見えるのだと思います。身体能力の差よりもこの精神力の差が大きいに違いありません。

 

明石家さんまさんは、

風邪をひかない

そうです。

 

これもきっと似たような話で、風邪をひいてると思わない、というか、風邪かどうかなんてさえ気にてしない、俺は元気だ!風邪なんかひくわけない!と思い込むことで、圧倒的な免疫の高め方をしているのだと思います。

 

「さんま 風邪ひかない」で検索すると

「これはまさに引き寄せの法則です」

という記事が見つかりましたが、まあ人は自分にいいように解釈するもんだな、と思いました。

風邪をひかないと言っているから、風邪のウィルスが寄り付かないのだ

といったような解釈なら私は異を唱えます。

んなこたぁーない

 

話を戻して、催眠術師である私は

心頭滅却すれば火もまた涼し

と言ったような、精神によって現実への反応をある程度コントロールできるという理屈はわかります。

 

催眠術でペインコントロールして、麻酔しないで出産するなんて話も聞きます。

 

催眠術で一時的にそういう操作はできるかもしれませんが、催眠術などなしで強い思い込みを持つなんて難しすぎます。

 

自分でそういう強い思い込みを持てるようになりたいなら、抜本的な改造が必要でしょう。これはもう一時的な催眠術ではどうしようもありません。

 

 

催眠術で改造してほしいという方が時々いますが、それは無理な注文です。

 

催眠術で起きた現象を糸口として、現実での成功体験を積み重ねていく、という方法ならなんとかなる場合もありそうです。


◆催眠術師シロのホームページ

https://smctokyo.amebaownd.com/

◆体験会チケット購入サイト

https://peatix.com/group/6947812 

ツイッター

https://twitter.com/tvrAH1CQPOZSIoG

Instagram

https://www.instagram.com/saiminshiro/?hl=ja

カウントダウンの力

3,2,1,ハイ!

カウントダウンは催眠術でよく使います。

1,2,3,ハイ!

というカウントアップを使うときもありますが、数を数えるという行為はどういう効果があるのでしょうか?

 

期待感を煽る効果があります。

 

最近こんなツイートがバズっています。

すれ違う度に怖い事を言う遊びがいきなり職場で勃発して皆すれ違う度に「見つけた…」とか「ママァ…」とか言ってたんだけど後輩が「10回目…」「9回目…」「8回目…」ってカウントダウンしてて「あと3回…」って言われた同僚が発狂して禁忌の遊びになった
突如才能を発揮するな

 これも、数が減っていって、怖いことが起こる期待感が高まっているいい例ですね。

 

ここで言う期待とは心の準備と言い換えても差し支えありません。

 

10からカウントダウンしても、5からカウントダウンしても、3からカウントダウンしても、ゼロになるに連れて段階的に心の準備ができていきます。

 

そしてついにゼロになった時クライマックスを迎えます。

カウントアップも似たようなものです。

目標値に近づいていくに従って心の準備ができていって、目標値に到達したときがクライマックスです。

 

私はカウントダウンは落ち着くとか沈むとか体の力が抜けるとか、マイナスのイメージ、カウントアップは覚醒するとか、テンションが上がるとか、力が入るとか、プラスのイメージと、使い分けています。


◆催眠術師シロのホームページ

https://smctokyo.amebaownd.com/

◆体験会チケット購入サイト

https://peatix.com/group/6947812 

ツイッター

https://twitter.com/tvrAH1CQPOZSIoG

Instagram

https://www.instagram.com/saiminshiro/?hl=ja

退屈が嫌い

あなたは何もしないでぼーっとするのは好きですか?

 

好きな人も嫌いな人もいると思います。

 

それは性格の違いでしょう。

 

ですが、もしあなたがボーッとするのが好きな人だとしても、あなたの脳は刺激を常に求めています。

 

前も書きましたが、私の知人に、24時間耐久山歩きみたいなことをする人がいます。

真っ暗な道をひたすら歩いていると、必ず暗闇からぼそぼそと人の話し声が聞こえてくるそうです。

彼はそれを心霊現象ではなく、確実に幻聴だと言います。

私もそう思います。

 

疲労も手伝っていると思いますが、視覚と聴覚の刺激がなくなったことで、脳が刺激を求めて、幻を自ら作り出しているのです。

 

私はいつか完全防音、完全遮光の真っ暗な部屋を作って、幻覚や幻聴が起きるか実験してみたいという願望があります。

もしかしたら蝋燭の光や、点滅する光、一定のリズムの音(木魚やメトロノーム、時計の音)といったささやかな演出はあったほうがいいのかもしれません。

私は自分で家を購入した時にそういう部屋を作りたいと考えていますが、もしかしてそういう部屋のレンタルなんてあったりするのでしょうか・・・?

もしやと思って日本語ベースで軽く検索してみましたが見当たりませんでした。

 

やっぱり自分で作るしかないかもしれません。

 

いつか実現したら遊びに来てください。

 

きっと幻覚や幻聴を体験できると思います。

 

実は幻覚や幻聴は催眠術でも体験できるのですが、催眠はどういう見えるか・聞こえるかをある程度指定してしまいます。

対して真っ暗部屋は、特に指定もないので自分のうちから何が出てくるかわからないので楽しみです。

はーやってみたい。 

そういう部屋のレンタルがありましたらぜひ教えて下さい。


◆催眠術師シロのホームページ

https://smctokyo.amebaownd.com/

◆体験会チケット購入サイト

https://peatix.com/group/6947812 

ツイッター

https://twitter.com/tvrAH1CQPOZSIoG

Instagram

https://www.instagram.com/saiminshiro/?hl=ja

誤解で殺される時代

催眠術師として多くの人と会ってきましたが、やはり「なんだか怖い」「操られちゃう」というイメージを持つ人が多いのに気が付きます。

 

そういうイメージを持つという気持ちは理解できるのですが、その数、割合が私にとっては意外に多いのです。

 

昔欧州で魔女狩りがあったといいます。

怪しい女性に拷問をかけて自白させ、処刑に及んだ例もあったらしいです。

拷問死するか処刑でころされるか。

どっちに転んでも不利になるという強烈なダブルバインドです。

この時代に催眠術を使っていたら、魔術師だと誤解を受けて処刑されてたでしょうねw

 

偏見を捨てて少し詳しく見れば、手が勝手にうごいたり、まぶたが閉じて開かなくなったり、というのは確かにおこりますが、なんの事前知識なしに出会い頭にパッとできるものではないことから、魔法のようなものではないとわかります。

 

それでも現代でも誤解を抱いている人はとても多いのです。 

ですから、催眠術師にとって催眠術をかけるその前のコミュニケーションから勝負は始まっているのです。

 

 

よく動画やテレビで目にする催眠術はそういう地道な努力をカットしてハイライトだけをアピールするので、魔法のように見えますが、地道な積み上げがあってのその結果なのです。

 

最後にいい例を思いついたのであげておきます。

 

あなたは昔の友人(男性)に10年ぶりに会いました。

その友人の横にはものすごい美人の彼女がいて友人にデレデレのようです。

10年前の友人は女っ気もなかったのであなたはとても驚きますが、その友人は10年の間、女性に持てたい一心で人間磨きをして、異性に対して積極的になってきたからこその現状があるわけで、自然なことと捉えています。

一方あなたはその途中経過をみず、彼の10年前と今を比べているのでなんだか魔法のように感じています。

 

催眠術に対する恐れも、結果に至る過程を見てないからこそ抱くのではないか、と思います。


◆催眠術師シロのホームページ

https://smctokyo.amebaownd.com/

◆体験会チケット購入サイト

https://peatix.com/group/6947812 

ツイッター

https://twitter.com/tvrAH1CQPOZSIoG

Instagram

https://www.instagram.com/saiminshiro/?hl=ja

喜びはわけて、悲しみは一緒に

なにかとってもいいことがあったとします。

 

やったーーーーー!!!!!うれしい!!!!!

 

心の底から喜びます。

 

散々喜んだ後、続けて同じぐらいいいことがおきました。

 

やったーーーーー!!!!!うれしい!!!!!

 

この喜びはどれぐらいでしょうか?

 

一度目のやったーを100とすると、二度目のやったーも100でしょうか?

それともいいことが重なって150でしょうか?

 

冷静になって自分の感情を観察してみると、二度目のやったーは70ぐらいに弱まっていることに気づきます。

 

もしかしたら50ぐらいかもしれません。

 

喜ぶのにもエネルギーを使うんです。

 

一度目のやったーで喜びパワーを使ってしまったので、二度目のやったーが弱くなっているのです。

 

ですから、喜びは少し感覚を空けて味わったほうが幸せになれるのです。

 

実は悲しむときも同じです。

 

悲しい出来事が連続すると、二度目以降の悲しさは低減していきます。

 

ですから悲しい出来事は立て続けにやってきたほうが個別のダメージが少ない場合もあります。

 

ただ、連続するとそれは連結して積み上がるので、

100(一度目)+70(二度目)+60(三度目)・・・

と総量は大きくなるので注意してください。

 

むかつきなどは逆にまとめてやってこいです。

かなりむかつきますが、もうむかつきすぎて個別に怒っていられなくなりますw


◆催眠術師シロのホームページ

https://smctokyo.amebaownd.com/

◆体験会チケット購入サイト

https://peatix.com/group/6947812 

ツイッター

https://twitter.com/tvrAH1CQPOZSIoG

Instagram

https://www.instagram.com/saiminshiro/?hl=ja

ぬか喜び

何かいいニュースに対してとても喜んだのだけど、蓋を開けてみると現実は違った、なんてことをぬか喜びと言いますね。

 

その時の落胆はかなりのものです。

 

これ、なんででしょう。

 

何も変化がない状態をフラットとして、いいニュースがプラス、悪い現実がマイナスとします。

 

ぬか喜びには

  1. いいニュース→悪い現実
  2. いいニュース→フラット(単にいいニュースが嘘だっただけで現実に変化はない)

の2種類があります。

1はわかります。悪い現実に対して人は落胆するのは当たり前です。

でも、2のときも落胆しますよね。現実は何も変わらないのに。

なんででしょう。

 

一つは、単に落差があります。

現実に何も変わっていなくても一度いいニュースで気持ちが上がったので、現実を直視するときに気持ちが下がります。

 

もう一つは落ちた先が現実以上に悪く感じるバイアスがあります。

上から下に落ちると、下がる気持ちに慣性がついて急に止まれないかのようにその現実ラインよりも下まで下ります。

 

世の中いろんなことでメリハリが大事だと言われますが、これがメリハリの効果です。

極端な状態から反対の状態に行くとき、勢いがついてその先まで行ってしまうんです。

かなりいろいろなことに応用できます。

 

漸進的弛緩法という有名な自己催眠の手法がありますが、これもこの法則を利用しています。フラットな状態で「体の力を抜く」と言ってもなかなかうまく行きませんが、一度しっかり力んだ後に力を抜くと、うまく力を抜くことができます。

 

寝付きが悪い時に布団の中でこれをやると、少し楽になるかもしれません。

やり方がわからないときは私が指導できますのでご連絡ください。


◆催眠術師シロのホームページ

https://smctokyo.amebaownd.com/

◆体験会チケット購入サイト

https://peatix.com/group/6947812 

ツイッター

https://twitter.com/tvrAH1CQPOZSIoG

Instagram

https://www.instagram.com/saiminshiro/?hl=ja

 

 

 

 

 

 

 

 

少しの違和感

最近も見かけるのかわかりませんが、渋谷などで、大きな音を出しながら走る宣伝トラック通称「ヴァニラトラック」。

 

ヴァ〜ニラ、ヴァニラ、ヴァ〜ニラ♪

 

キャバクラなど高額バイトを斡旋するサービスの宣伝トラックです。

 

この音楽が少しアホっぽくて、でも耳について、いったん脳裏にこびりつくとなかなかとれません。

 

一時期かなり話題になりました。

 

人々の印象に深く残っているからこそ人々の話題に登っていました。

 

ビジュアルとか、音楽そのものとか、音量とかいろいろな要素があると思いますが、この曲の作曲者はより印象に残るように意図的に設計していたというのです。

 

news.livedoor.com

 

  • 歌い手はわざと音程を外したり、かすれた声で歌ったりしているという
  • 作曲者は「サウンドを特徴的にすることで、フックを作っています」と話した
  • これを聞いたときは関心しました。

 

この、わずかに混入した小さな違和感が強烈な印象を残すのに一役買っていたかもしれないのです。

 

未完成の魅力というやつですかね。

 

まあ、このバランスはとても難しいでしょうし、こういう手法がふさわしいかどうかはケースバイケースですが、ヴァニラトラックに関して言えば功を奏しているといって差し支えないと思います。

 

催眠誘導の時に外からこの音楽が聞こえてきたら、困ってしまいますね。

 

でも、深い催眠に入っているのであれば、少々の雑音は気になりません。

 

まだ浅い状態の場合はこの音の取扱には迷ってしまいますが、手がないわけではありません。

 

でも、あなたが笑ってしまったら、どうしようもありませんね。

 

あなたを催眠誘導している時に近所を通らないことを祈りますw


◆催眠術師シロのホームページ

https://smctokyo.amebaownd.com/

◆体験会チケット購入サイト

https://peatix.com/group/6947812 

ツイッター

https://twitter.com/tvrAH1CQPOZSIoG

Instagram

https://www.instagram.com/saiminshiro/?hl=ja

スピーチ半分うまくいきました

先週土曜日は目黒TMC(トーストマスターズクラブ)で準備スピーチをしました。

 

準備不足、練習不足で、制限時間をオーバーしてしまいました。

 

TMCでは投票で最も良いスピーチに投票して1位を決めるのですが、時間オーバーすると投票対象ではなくなります。

 

いわゆる失格です。

 

ですが、内容やスピーチの運びはかなり聴衆の心を掴んだようで、たくさんのフィードバックを頂きました。

 

そのフィードバックも結構いい感じだったのですが、なによりもメンバーから別途メールをもらったのが特に嬉しかったです。

おはようございます。○○です。
 
昨日はステキなスピーチをありがとうございました。
内容にとても興味を惹かれました。
一、二歩先の考えを提案されたように思いました。
 
もし可能であれば、原稿と参考にされた資料をいただくことはできないでしょうか。
興味深かったので、この問題について自分自身でも考えてみたいと思ったためです。
 
難しいようであれば全く問題ありません。
 
よろしくお願いいたします。

 もちろん全然問題ないので原稿と資料をお渡ししました。

快くお見せ頂いてありがとうございます。
 
技術の進歩やAIの誕生が必ずしも正しいかはわからないという課題は、以前から言われている課題だと思います。
しかし、昨日のスピーチを聞いて、それらの課題がスッと自分の中に入り、 初めて自分ごととして感じることができるようになりました。
 
私が聞いたスピーチの中でも指折りのスピーチでした。
ですので、原稿もいただきたいとお願いしたのです。
 
人の心に届くスピーチをできるように、私も努力を続けます。
勝手なお願いでしたが、快く応じて頂いてありがとうございました。
これからもどうぞよろしくお願いします。
わざわざメールでここまで言われるレベルのスピーチができたことで自信がつきました。
 
その後動画も見てみましたが、なかなか、堂々としていて、話もわかりやすくよいスピーチでした。
私自身はドキドキして、あわあわしているんですけど、そういう風には全く見えませんでした。
 
 
投票対象になるようにもっとしっかり準備しておけば優勝できたかも・・・と悔やまれますが、まあ良しとします。

 

ちなみに半年前に1位を取ったスピーチはこちらです。

https://youtu.be/KpDCt31-Mi8

 
人前で堂々と話したいけど話せない、そんな悩みを持った方は催眠療法を受けてはいかがでしょうか?
ご連絡お待ちしております。

潜在意識を認識する

人には顕在意識による行動と潜在意識による行動があります。

 

あります、と言い切っていますが、完全に分かれているわけではなく、複雑に連携しあっているでしょうし、行動はどちらの影響もあるので、無意識の行動、潜在意識による行動は正確にいうならば

 潜在意識の影響が強い行動

とでも言う方がより正確なのかもしれません。

 

催眠術とは、催眠術師があなたの潜在意識と仲良くなることで潜在意識に影響を及ぼし、あなたの行動に影響を及ぼす技術です。

 

ここでの行動とは、手を動かすといった物理的にエネルギーを伴っているものだけでなく、心臓の鼓動が落ち着く、鳥肌が立つ(鳥肌を立てる)、脳波の周波数が落ちるなども含みます。

 

でも、潜在意識って認識しづらいのではないでしょうか。

 

私が潜在意識の作用を説明する時によく使うのはミラーニューロンの話です。

 

人のあくびが自分に伝染る、バラエティ番組に効果音として入っている笑い声を聞くとつられて笑ってしまい、本質以上におかしく感じる。

 

これは、人の行動を無意識に真似してしまう、潜在意識の影響です。

これなら共感できるのではないでしょうか。

 

「意に反して」そうなっちゃうという強いものではありませんが、

「そうするつもりはなかったのに(意識してなかったのに)」そうなっちゃうというレベルの影響力は持っています。

ですので、逆に絶対にそうならないように意識をしていると防ぐことができます。

 

勝手に手があがるなどの催眠術による不思議な現象はこのぐらいの感覚で起きます。

ですから「絶対にかからないぞ!」という意識で臨めばいくら優秀な催眠術師でもなかなか難しいでしょう。

(この強い抵抗感を逆手に取る巧みな誘導もありますが)

 

潜在意識を認識できる現象は他にもまだあります。

 

緊張すると手に汗を握る、顔が紅潮する、足が震える、手足が冷たくなる、といった現象も、潜在意識の影響です。

自分でそうしたいわけじゃないのにそうなっちゃいます。

自然過ぎて認識していませんが、こういうのも潜在意識の強い影響があります。

 

ところでこんな研究があるそうです。

目をつぶって明るいものを想像するだけで瞳孔の大きさが変化するらしいです。

karapaia.com

このサイトによれば、はじめに実際に明るい状態と暗い状態を経験させた後で目をつぶって想像してもらっているので(更に音も鳴らしている)、その刷り込み作業を省いても同じように効果があるのかはわかりませんが、これは催眠家にとっては興味深い話です。

この研究では瞳孔が潜在意識の影響を受けるかのように読めますが、それは新しくはありません。人は興味があるものを対象にした時に自然と瞳孔が開くということがわかっています。

ですが、これが事実なら催眠誘導のクオリティアップに貢献しそうな気がします。

 

私の催眠誘導で、目をつぶっているところに「明るい光が見えます〜」なんて言い出したら、この研究を参考に考えた誘導をしているかもですw


◆催眠術師シロのホームページ

https://smctokyo.amebaownd.com/

◆体験会チケット購入サイト

https://peatix.com/group/6947812 

ツイッター

https://twitter.com/tvrAH1CQPOZSIoG

Instagram

https://www.instagram.com/saiminshiro/?hl=ja

ヘッドバンキングとジェットコースター

ヘビメタバンドの演奏者や観客が、頭を前後に激しく揺さぶるヘッドバンキング

 

ジェットコースター。

 

この2つには共通点があります。

 

それは、脳を揺らしているということです。

 

物理的に脳を揺らすと、脳はトランス状態になります。

 

だから、みんなヘッドバンキングするのです。

ジェットコースターに乗るのです。

 

楽しいのです。気持ちがいいのです。

 

私は若いうち、25歳ぐらいから三半規管が弱くなったので、ジェットコースターは楽しいよりも気持ち悪さが先行するようになってしまいました。

 

ヘッドバンキングはたった3往復ぐらいでヤバみが出てきます。

 

先日13歳の娘と一緒にコーヒーカップに乗りました。

娘がゲラゲラ笑いながらすごい勢いで回していましたが、私は顔面蒼白で三途の川が見えました。

やめて、って言ってるのに。

絶対に許さない。

 

ですが、三半規管が強い人にとってはとても楽しいはずです。

我を忘れると言うか。

 

程度は弱いですが、公園の遊具にも脳を揺らすから楽しいというものがあります。

ブランコ。

シーソー。

名も知らないぐるぐる回る系のやーつ。

 

景色がかわるとか、浮遊感とか、危険な香りとか、友達との一体感とか他の要素も相まって、意味もないのにゲラゲラ笑いながら遊んだりしてましたね。

 

もっとゆったりした揺れは心の平安を誘います。

 

ゆりかご。

ハンモック。

電車の揺れ。

 

これなら三半規管が弱くても大丈夫。 

 

リラックス系トランスですね。

 

少し落ち着きたいとき、目をつぶって左右にゆら~りゆら~りと揺れてみてください。

 

首の力を抜いて・・・

 

すこーしずつ揺れを大きくしていって、自然と力をかけなくても揺れるようイメージしてください。

 

自然と揺れるようになったと感じたら心が落ち着いていきます。

 

そして今度は揺れがゆっくりと収まっていくと同時に心が完全に落ち着きます。

 

これ、いつでもどこでもできるので、ぜひ試してみてください。

 

もちろんプロに脳や心のリラックスをしてほしい場合はご連絡ください。

自分でするときとは比べ物にならないレベルのリラックスを体験できると思います。


◆催眠術師シロのホームページ

https://smctokyo.amebaownd.com/

◆体験会チケット購入サイト

https://peatix.com/group/6947812 

ツイッター

https://twitter.com/tvrAH1CQPOZSIoG

Instagram

https://www.instagram.com/saiminshiro/?hl=ja

肩をポンポン・・・

静かな部屋で時計の音に耳を澄ませていたり

お坊さんが木魚をポクポク叩いているのをじっと聞いていたり

すると、なんだか眠くなってきたという経験はありませんか?

 

脳は単調なリズムの刺激に弱いんです。

単調なリズムの刺激を意識すると途端にその刺激に対して鈍感になり、副交感神経が活性化します(落ち着いてきます)。

 

他にもあります。

メトロノームの音だけを聞く

と落ち着くとか。

 

音だけではありません。

 

ゆっくり点滅する光を眺める

という、視覚刺激でも同じ効果があります。

 

催眠術で振り子をぶらぶら見つめるのにもそういう効果があります。

 

あの、6つぐらいの銀色の玉がカチカチする「ニュートンのゆりかご」なら視覚と聴覚の両方です。これで催眠には入れないかもしれませんが眺めているとリラックスしてくるのがわかります。

 

視覚だけではありません。

 

一定のリズムで体を擦るなど、触覚でも同じ効果が出せます。

 

よく赤ちゃんを抱っこして、少し揺らしながらお尻や背中をポンポンとリズミカルに叩きますよね。

 

これは理にかなっているんです。

 

赤ちゃんがここに意識を持っていくとすぐに脳が落ち着いて行きます。

 

もし誰かがあなたの胸に泣きながら飛び込んできたら、しっかりハグして背中を擦ったりポンポンと優しく叩いてあげてください。

 

あなたが私の胸に泣きながら飛び込んできたら、しっかりハグして背中を擦ったりポンポンと優しく叩いてあげます。

 

私があなたの胸に泣きながら飛び込んできたときも、しっかりハグして背中を擦ったりポンポンと優しく叩いていただけますと幸いですw


◆催眠術師シロのホームページ

https://smctokyo.amebaownd.com/

◆体験会チケット購入サイト

https://peatix.com/group/6947812 

ツイッター

https://twitter.com/tvrAH1CQPOZSIoG

Instagram

https://www.instagram.com/saiminshiro/?hl=ja

完全トランス

以前も書きましたが、催眠状態はトランス状態の一種です。

 

トランス状態とは、通常とは違う意識状態を指すので、催眠とイコールではありません。

 

起こったり喜んだり、心配したり緊張したり、平常とは違う状態をトランスと呼びます。

 

ですが、この程度は日常でもよく起きますので日常トランスと呼びます。

 

催眠はその先です。

 

集中とか硬直とか脱力とか、いつもとかなり違う意識状態、これは日常トランスよりも進んだ状態と言えます。

 

このレベルは単にトランスと呼ばれていて、なかなか入ることができません。

催眠はこのレベルでしょうか。

いいえ、違います。

 

催眠はさらにその先、無我や悟りと同レベルのかなり進んだ意識状態で、完全トランスと呼ばれます。

 

また、催眠はリラックス系トランスなので、リラックス系で深さを表すなら

 

弛緩 日常トランス

脱力 トランス

催眠 完全トランス

 

と言ったところです。

 

自分で催眠状態に入るのはなかなか難しいので催眠術師、催眠療法士のガイド(誘導)によって入ります。

 

その誘導はあなたのトランスの深さを見ながらペースを合わせて行うので、より自然とスムーズに誘導されていきます。

 

あなたを観察せずに誘導をすすめる催眠術師・催眠療法士がいるようですが、たまたまあなたとペースが合ったときでないとうまくいかないのがわかると思います。

 

特に初回はあなたの反応速度が早いか遅いか見ながら出ないとペースが合うことはないと思います。

 

他でうまく行かなかった方は私のところで体験してみてください。

きっと違いを感じることができると思います。


◆催眠術師シロのホームページ

https://smctokyo.amebaownd.com/

◆体験会チケット購入サイト

https://peatix.com/group/6947812 

ツイッター

https://twitter.com/tvrAH1CQPOZSIoG

Instagram

https://www.instagram.com/saiminshiro/?hl=ja

だめな催眠療法士

仕事中、ちょっと息抜きに自席のPCで映画のトレーラーを見ていると、後ろからポンと肩を叩かれました。

 

振り返って見ると、久しぶりに話す同期の女の子でした。

 

そこで私が催眠術師・催眠療法士になったことを伝えると、彼女は随分前(15年以上前)に名古屋でヒプノセラピー催眠療法)を受けに行ったことがあったそうです。

 

昔の話なので詳しくは覚えてないそうですが、

「手が重くなる・・・とか言われてもなんかよくわからないし、なんだこりゃ、って思った」

そうです。

 

さらに聞くとやはり推測通り淡々とこうなります、こうなります、と順番に言われただけで、彼女は全然それについていっていないのでおいていかれた感じだったようです。

 

これがまさにあれですね。先生の言う全然かかってないやつ。

 

スクリプトを読み上げている、もしくはそれと同じように進行するだけで相手は全然ついていけてないやつ。

 

もちろん彼女はリピートしませんでした。当然です。

なんだこりゃ?今日のこの時間は何だったんだ?

ですね。

 

やはりわざわざ催眠療法に行ったからには、なにか持ち帰りたいですよね。

催眠にかかった感覚とか、その予兆でも。

ああ、なにがどう効果があるのかよくわかんないけど、なんか特別な、いつもと違う感覚が確かにあったって感じたいですよね。

 

彼女には催眠療法士は当たりハズレがあるし、しかもきっとハズレが多いけど、僕みたいにちゃんとある程度技術を持っている人もいるんだよ、と伝えていくつか簡単な技法をしてあげたら、その効果に驚いて私の言うことに納得したようでした。

 

彼女は俄然興味を持ち始めたようですので、いつか状況が揃ったらちゃんとやってあげようと思います。


◆催眠術師シロのホームページ

https://smctokyo.amebaownd.com/

◆体験会チケット購入サイト

https://peatix.com/group/6947812 

ツイッター

https://twitter.com/tvrAH1CQPOZSIoG

Instagram

https://www.instagram.com/saiminshiro/?hl=ja

環境が揃っていることはベストではない

今週のお題

 

今週のお題は漫画ということで、今日はとある古いマンガにちなんだ記事を書きます。

 

プロゴルファー猿

 

知っていますか?藤子不二雄の漫画で、野生児の猿丸が木を削り出した万能ゴルフクラブで強敵を倒していくというストーリーです。

 

そのゴルフクラブは山の木を削り出した一点物で、ドライバーとして、アイアンとして、サンドウェッジとして、パターとして大活躍します。

 

ライバルは設備の整った闇の組織から送られてくるエリートばかりです。

(中にはヌンチャクゴルフクラブを使うカンフーマスターみたいな変わった敵もいましたが)

 

教えてくれる人もいない、貧乏で教養もない、しかしハングリー精神旺盛の猿丸が、自ら作ったゴルフクラブと自分の腕だけでエリートの強敵を倒していくさまは読者にカタルシスを与えます。

 

これは漫画という空想の世界の出来事ですが、恵まれていない環境の選手が恵まれている環境の選手を圧倒的な強さで倒すということは現実でも起きています。

 

先日「鉄拳」という格闘ゲームの世界大会がありました。

 

鉄拳は日本のゲームメーカーが開発したこともあって、日本の選手が強いです。また競技人口が多いアメリカの選手も層が厚いです。

 

そんな世界大会に彗星のごとく現れたパキスタンの選手陣が異次元レベルで強く、世界中が驚きました。

game.watch.impress.co.jp

興味のある方は記事をご覧いただければと思いますが、この優勝者は地元のローカル大会で17位だという、まさに修羅の国の住人のような恐ろしいレベルの高さです。

 

パキスタンはオンライン環境が整っておらず、オンライン対戦ができません。

そこで彼らは日本では姿を消しつつあるゲームセンターに日夜集い腕を競い磨きあっていたのです。

これこそが彼らの強さです。

 

ゲームセンターではプレイするたびにお金を使います。

対戦では、勝てばそのままゲームを続けられますが、負ければ退場です。

家でのんびりと好きなだけオンライン対戦できるような連中とは本気度が違います。

毎回お金がかかっているんです。ハングリー精神が違います。

 

やはりハングリー精神は極度の集中力を生む原動力となっているようです。

何でもかんでも手が届くように環境を整えればいいかと言うとそうでもないですね。


◆催眠術師シロのホームページ

https://smctokyo.amebaownd.com/

◆体験会チケット購入サイト

https://peatix.com/group/6947812 

ツイッター

https://twitter.com/tvrAH1CQPOZSIoG

Instagram

https://www.instagram.com/saiminshiro/?hl=ja