催眠マスターズクラブ東京

東京在住の催眠術師シロが、楽しい催眠の世界を紹介するブログです。

体験会はこちら
フォローお願いします!
twitter Instagram

鏡に映る自分は1/2サイズ

誰しも毎日一度は鏡を見ますよね。

鏡に映った自分は本体と同じ大きさに見えていると思います。

しかし、実は実際の大きさの1/2サイズなんです。

 

あなたが毎日見ている、鏡に映る自分は実際のサイズの半分なんです。

 

意味がわからない人も多いと思います。

私も少し前まではそうでした。

でも今は理論的に理解できました。

ただ、理論がわかった今でも、もやもやと違和感を感じます。

頭で納得、感覚はすっきりしないという感じです。

ですので、今日はそのもやもやを皆さんにも共有しますw

 

確認の仕方:

  1. 実際の自分の顔の大きさ(頭頂から顎までの高さ)を測ります。
  2. 鏡の表面で鏡に映った自分の頭頂から顎までの高さを計ります。

2の長さが1の半分であることが確認できます。

 

いつも見ている鏡の中の自分は等倍じゃなくて半分のサイズだったって事実に驚きませんか?

 

この簡略図をみてください。

f:id:chiwahi:20190607205713p:plain

オレンジのは横顔です。

赤い線は頭頂部の光(絵)が鏡に反射して目に入っていることを表しています。

青い線は顎の光が鏡に反射して目に入っていることを表しています。

灰色の補助線も併せてみれば鏡の中の顔は実像の約1/2となります。

これは鏡との距離が近くなっても遠くなっても変わりません。

ですから鏡の正面に立って自分の顔を見ると鏡の中のサイズは実際の約1/2になります。

 

理論的には完全に正しいのですが、私も含めて感覚的には納得しづらい方も多かろう、おもしろいなと思ったので紹介しました。


◆催眠術師シロのホームページ

https://smctokyo.amebaownd.com/

◆体験会チケット購入サイト

https://peatix.com/group/6947812 

ツイッター

https://twitter.com/tvrAH1CQPOZSIoG

Instagram

https://www.instagram.com/saiminshiro/?hl=ja